彼女の借金返済管理計画日記
彼女に500万の借金がある事が交際中に発覚。そして、結婚。借り換えや繰上げ返済をくり返し、2年7ヶ月で完済。彼女は頑張りました。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学資保険って良いんですか?悪いんですか?
よく調べてはいませんが、生命保険と一緒で掛けていると課税対象から控除する事が出来るのか?
(たぶん出来る。)→どうやら年間5万までらしい

学資保険のメリット
契約者が亡くなった時、支払いが免除になり、契約内容はそのまま残る。

デメリット
満期時や途中で積み立て保険金を受け取った場合、その年の収入となり、課税対象になってしまう。(と思う・・・)


貯金的な考えでいたが、違っていたのか・・・
しかし、貯蓄のうまく出来ない人や、収入源となる人(夫の場合がほとんど?)が亡くなった時のことを考ている人は、子供の入学時にまとまったお金を手に入れることが出来るので、お金の心配をしなくて済むと思う。

結論
借金をたくさんしていて、返済に追われている人は無理かもしれないが、そうでない人は、少し無理してでも加入するべきであると思う。


借金ブログランキングでは、100人以上の借金ブログが読めます。

人気blogランキングでも、100人以上の方が返済について語っています。


スポンサーサイト

テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
借金があるのに、学資は矛盾しています。借入利息の方が何倍も学資の利率より高いのですから、積み立てれるのであれば、毎月の返済額を増やして早く返済すべきです。
又元本割するような学資は選択すべきではありませんね、アフラックやSONYなどの学資、又はあんしんの長割終身などは、かなりの効率で増えますね、保障が欲しければ、上記の会社で掛捨ての保険に安く入れば良いと思います。
多重債務者の方は、掛捨てでとにかく安く入りましょうね
2010/02/17(水) 09:38:58 | URL | 保険や #1Nt04ABk[ 編集]
うちもローンありますが、学資には加入していますよ~♪
こどものため、貯蓄型で加入しています。
2009/12/11(金) 14:11:22 | URL | 学資保険 加入 #mQop/nM.[ 編集]
学資保険のすすめ
やっぱり結構かかるんですね^^;
勉強になります、ありがとうございます!
2009/06/02(火) 17:57:32 | URL | チョベリパパ #-[ 編集]
こうさんへ
こんばんは。
私も、こうさんと同じ意見です。
学資保険や生命保険は、自分の為でもあり家族の為でもあるので、家庭を持っている方は、ぜひ入っておく事をおすすめします。
2005/12/06(火) 22:07:54 | URL | g-two #-[ 編集]
おじゃましま~す(^^♪
保険は大切ですよね。財産のある方もない方もですが。
一般的に満期時(契約者と受取人が同一の場合)は、
一時所得={保険金ー正味払い込み保険料}ー特別控除(50万限度)
で、課税対象となるのは一時所得の金額の0.5です。

しっかりとした無駄のない保険選びしたいですよね。家族を持った方は絶対入って欲しいです。私も多重債務者ながら、保険はしっかりと入ってます。
2005/12/04(日) 14:00:52 | URL | こう #-[ 編集]
はるこ さんへ
補足ありがとうございます。
一家の大黒柱に何かあった時の保障も兼ねていますので、多少元金割れしても仕方が無いのかなぁと思いました。
2005/12/02(金) 05:04:42 | URL | g-two #udixdWvs[ 編集]
学資保険、結構いいものだと私も思います。
解約金の税金も一時所得扱いなので、払いこみ保険料-所得-50万からの税金だったはず。

ただ、生命保険などで加入するので、貯蓄ではなく、保障目的でつくられてる保険が多いので、還元率が低いものもあるので、そこは注意かと・・・。
2005/12/01(木) 19:45:10 | URL | はるこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lavender0822.blog25.fc2.com/tb.php/93-86b4f2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。