彼女の借金返済管理計画日記
彼女に500万の借金がある事が交際中に発覚。そして、結婚。借り換えや繰上げ返済をくり返し、2年7ヶ月で完済。彼女は頑張りました。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病気や怪我などで医療費が高額になった場合、医療保険から医療費が戻ってきます。

同じ人が、同じ月内に、同じ医療機関に支払った、保険診療による一部負担金(食事療養の標準負担額を除く)が、一定の自己負担限度額を超えた場合、その超えた分があとから支給されます。

・月の1日から末日までの1ヶ月ごとに計算。
・同じ医療機関ごとの計算で、各診療科ごとに計算。
・同じ医療機関でも、医科と歯科は別計算。
・同じ医療期間でも、入院と通院は別計算。
・入院したときの食事代や、保険診療対象外の差額ベット代は、患者負担額には含まれません。
(なお、70~74歳までは、医療機関、診療科、医科、歯科は、別々に計算せず、すべての支払いを合計した金額が対象になります。)


支給条件
・医療保険に加入している方。
・ひと月に医療費が限度額を超えた世帯。

支給金額は
・低所得者(生活保護を受けている人、住民税非課税世帯の人) 
------→35400円を超えた金額

・上位所得者 (月給が56万以上の人) 
------→139800円+{(医療費-466000円)×1%}
を支払った医療費から引いた金額。

・一般所得者 (低所得者、上位所得者以外の人)
------→72300円+{(医療費-241000円)×1%}
を支払った医療費から引いた金額。


届出場所
・健康保険の方
 社会保険事務所か健康保険組合

・国民健康保険の方
 市区町村の役場

申請期限
・治療を受けてから2年以内



・多数月該当の場合(支給4回目から)は支給額が多くなります。
・70歳以上は、支給条件が違います。
・世帯合算の計算方法も、他にあります。



例 一般所得者の場合

Aさんが骨折で20日間(6月5日~6月24日まで)入院して、30万円の医療費が掛かりました。
Aさんは、退院時に3割負担で医療費を支払いました。

戻ってくるお金はいくらでしょう?


72300+(300000×10÷3-241000)×0.01

=79890円

300000-79890

=220110円


「220110円」戻ってきます。


上記は、あくまでも例です。



私は、過去に入院して高額医療の対象になり、役所から手紙が来ましたが、今も手紙は来るのでしょうか?
高額医療費を貰い忘れる人って3~4割くらいいるみたいなので、気を付けてください。
あと、医療機関は、領収書の再発行はしませんので、必ずとっておくようにして下さいね。

スポンサーサイト

テーマ:病気 - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lavender0822.blog25.fc2.com/tb.php/267-8d0cf44b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。