彼女の借金返済管理計画日記
彼女に500万の借金がある事が交際中に発覚。そして、結婚。借り換えや繰上げ返済をくり返し、2年7ヶ月で完済。彼女は頑張りました。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数ヶ月前に買った、常識力テスト100の中に、自己破産の問題があったので書いてみたいと思う。

問題 自己破産

自己破産したときどうなるか、次から正しいものを選べ。

1、公務員は誰でも資格を失う。
2、5年以上乗っている自動車が使えなくなる。
3、所得税は当分の間免除される。
4、子供の養育費は支払わなければならない。


これまでも、自己破産したときに租税や破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権などは免責されなかったが、新しい破産法が制定され、免責されない範囲が広がった。
その中で破産者が扶養義務者として負担すべき費用は免責されないことになった。

その他の選択肢は、妥当ではない。
一般の公務員は、破産しても資格を制限されることはないが、公安委員、人事官、公正取引委員などの特殊な公務員は資格制限がある。
また、普段使っている家財道具、査定額が高くない自動車、携帯電話など日常不可欠な物は差押さえを受けることはない。


と言うわけで、答えは4番です。

自己破産しても子供の養育費は免責されない。


ですが、自己破産するような人が養育費を支払っているのか?と疑問に思う。
養育費を給料から天引きされている人は、今まで通り天引きが続くって事ですかね。
まあ、自己破産によって、所得が著しく低くなった場合は、減額請求出来ると思いますが・・・


携帯電話って、日常不可欠な物になったんですね。
知りませんでした。
パソコンは、家財道具ですか?
日常不可欠な物?

私にとっては、日常不可欠な物です。
無いと暮らしていけません。
パソコンが無くなったら・・・
考えただけで、ぞっとします。


借金ブログランキングでは、100人以上の借金ブログが読めます。

人気blogランキングでも、100人以上の方が返済について語っています。


スポンサーサイト

テーマ:日本のルールとマナー、常識と非常識。 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
毎月の返済費を16分の1に
皆様は月々の返済にいくら払ってますか?
そして、どのくらい借金を抱えてらっしゃいますか?
借金の利息がなければ、今のあなたの生活はもっと楽になりませんか?
実は以前かなりの借金を抱えており、毎月の返済にかなり苦労しました。
しかし友人の知恵をお借りしてそこからさまざまな試行錯誤の上、
ついに年利20%を超える消費者金融・信販ローンなどの利息を、
16分の1まで圧縮する方法をあみ出しました。
この方法は決して違法行為の類ではなく、ノーリスクかつ、
ご自宅ですべての作業を行うことが出来ます。
そしてこの度、色々な方々のお力添えによりこの情報を
安価にて販売させていただくことになりました。
皆様一度、目を通してご覧ください。

http://sakugen.jf.land.to
2005/12/12(月) 13:54:28 | URL | 園田正彦 #1Yv5ielI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lavender0822.blog25.fc2.com/tb.php/104-b5e816d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。